しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

しょくのこの自己紹介①

 

こんにちは


しょくのこ(@shokuneko)と申します。


19歳の時に仕事のストレスと人間関係でパニック障害と自律神経失調症のような症状を発症しました。


ようなものというのもその当時、いくつか医者にかかったのですがどこの医者でも「断定ができない、軽い安定剤を飲んで様子を見てみましょう」と繰り返されるだけで気づけば25歳になってしまいました。

 

具体的な症状で言うと

①電車に乗ると動悸がしてめまいを起こして足に力が入らなくなり立っていられなくる

 

②車に乗ると首や肩が異常に凝り始め、動悸がしてだんだん息苦しくなってめまいを起こす

 

③徒歩数分の近所の買い物に行く際も体調が安定しないときは「倒れてしまうのではないか」と思ってしまう

 

④パニックのきっかけとなった日の夢をよく見て眠れない

 

⑤外に出ることや家族が体調が悪い時にそれを恐怖に感じてしまう

 

⑥パニックを起こすと周りに八つ当たりしたくなってしまう

 

⑦友人と疎遠になり、一人になりがちで孤独について考えこんでしまう

 

⑧ずっとこのままなのではないだろうかと心配になって物事を楽しめなくなる

 

⑨カラオケで歌っているときとに吸っている息と吐いている息のバランスがおかしくなり過呼吸になる


⑩家族に心配かけてしまっているという負い目でさらにめまいを起こしたりするようになる

 

⑪夜中に動悸がして眠れなくなる

 

ざっとこんな感じです。

本当はこれ以外にもいろいろと症状がありますが、パニックにかかった人はそれ以外の症状のこともなんとなくわかると思います。

パニックを起こした当時はこれだけの症状が出たのは異常だと思い全身検査をしましたが、異常はなく「健康的な体ですよ」と言われ、余計にパニックなってしまっていました。

 

 

広告