しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

折りたたみ電動アシスト自転車!山口県の電動バイクメーカーが作る自転車が気になります!

 

どうもこんにちわ、乗り物好きのしょくのこ(@shokuneko )です!

 

私は旅行が好きなのですが、最近の行きたい観光地が坂の多い町だったり、駅の近くにレンタサイクル、レンタカーのお店がないところだったりして困っていました。

f:id:shokuneko:20181009201120j:plain

 

そこで折りたたみの自転車を買って電車で近くまで行き、駅からマイ自転車で移動しようと考えていました。

 

f:id:shokuneko:20181009201545j:plain

 

駅から近い範囲であれば自転車で移動して充分楽しめると思い、先日練習がてらに電車で少し遠出をし、レンタサイクルを借りて小一時間自転車をこいで観光してみました。

 

しかし、快適に楽しめると思っていたのと裏腹に久しぶりに乗った自転車によって自分の体力の衰えぶりを痛感する結果になりました、、、

 

小一時間こいだだけなのに足が痛くなってました(笑)

f:id:shokuneko:20181009201934j:plain

 

常日ごろから快適に過ごすことを求めている私はもう少し楽に観光を楽しめないかと思い、ネットサーフィン(笑)

 

そこで折りたたみの電動アシスト自転車があるということを知りました!

電動アシスト自転車は知っていましたが、折りたためる電動アシスト付き自転車があるということは2018年現在で全く知りませんでした(調べてみると結構前からあったようです)

 

2016年ぐらいから密かなブームが来ているそうで日本では10種類ぐらいの折りたたみ電動アシスト付き自転車があるそうです!

 

 そこで私が一番気になったのは、山口県岩国市に会社を構える電動バイクメーカー

 

株式会社ツバメ・イータイムさんが作る

 

e-ANBAI(イー・アンバイ)」

 

という折りたたみ電動アシスト付き自転車です!

 makuake e-anbai

 

名前は「あー いいあんばい だねと言ってもらいたい」というビジョンがあって名付けたそうです。

 

こちらは「Makuake」というクラウドファンディングのサイトにて株式会社ツバメ・イータイムが募集したプロジェクトだったのですが、2018年2月27日で終了していたので知ったときは残念でした。

 

しかし、2018年の後半になり新たな電動アシスト付き自転車のクラウドファンディングが始まりました。

 

その名も「CHOCO-NORI(ちょこのり)」です!

 

e-ANBAI(イー・アンバイ)」での意見を参考にして新たに開発した折りたたみ電動アシスト付き自転車だそうです。

 

e-ANBAI(イー・アンバイ)」よりもデザイン性、スペックなどが向上していて

私も非常に気になる存在です!

 

下記はmakuakeサイトからの引用です!

■製品名:CHOCO-NORI(ちょこのり)※商標登録出願中
■バッテリー容量:5.2Ah
■バッテリー重量:1.3kg
■サイズ:1345×580×1100mm
■折りたたみサイズ:770×430×640mm
■シート調整サイズ:760mm~920mm
■モーター:250W(高速ブラシレス)
■定格出力:250W
■ホイールベース:935mm
■車両重量:18.8:kg(電池含む)
■フレーム:マグネシウム合金一体成型(折りたたみ式)
■防水等級:IP54
■走行距離:55km(アシスト使用時)
■定格電圧:36V
■最大積載量:120kg
■アシスト上限:24km/h
■充電器:ACA(100~240V対応)PSE認証済
■充電時間:約3時間
■充電温度:0℃~45℃
■バッテリータイプ:リチウムイオン(LG製)
■補助システム:3段階
■変速:単速(変速機なし)
■ブレーキ:ディスクブレーキ(前・後)
■タイヤ:16インチ
■ペダル:折り畳み式ペダル
■ショック:リアショックアブソーバー
■ディスプレイ:マルチファンクション液晶
■ライト:LED
■生産国:中国

値段:一般販売後は16万8000円を予定しているそうですが、現在はクラウドファンディングのプロジェクトで25%引きの12万6000円で購入することができます!

※引用元

www.makuake.com

 

特に注目したいのはアシスト走行時の最長距離が55km※1もあることです!

これは折りたたみ電動アシスト付き自転車のなかではかなり長い方で、今なら追加でスペアのバッテリーを購入することもできるのでバッテリーが2本もあれば最長110kmにもなるので恐ろしいですよね(笑)

1年間の保証期間も付いてます(詳しくはmakuake CHOCO-NORI(ちょこのり)をご覧ください)

 

※1:あくまでも最高最長距離なので気温などによって変化する場合もあるそうです。

 

折りたたむことによって電車などの公共交通機関でも持ち運べるのはありがたいですよね、自転車の輪行についてはJRの「旅客営業規則」をご覧ください。

 

 

観光地が駅やバス停から微妙に遠い場合でも快適に移動できますし、疲れた場合は途中で折りたたんでバスやタクシーに乗せて目的地まで移動すればいいし、これって結構便利だと思いませんか?(^^)

 

重さが約19kmあるので持ち運ぶのが多少大変かもしれないのは少し気になりますが、、、

 

値段は高めですが1回の充電が10円以下、さらにバイクとは違って税金もかからないので50ccの原付を買うのだとしたら人によってはこちらの方がいいかもしれません。

 

 

折りたたみ電動アシスト付き自転車

メリット

・普通の自転車より快適に移動できる

・50㏄の原付に比べたら維持費がほとんどかからない

・折りたたんで公共機関で持ち運べる

・充電が切れても自力で漕げる

・コンセントがあればどこでも充電ができる

・免許がいらない

デメリット

・アシスト付きとはいえ自分で漕がないといけない

・普通の自転車に比べて高価

・最高アシスト速度が24kmまで

50㏄原付バイク

メリット

・自転車と違って漕がなくてよい

・最高速度が30km

デメリット

・ヘルメットと免許が必要

・ガソリンや税金など維持費がかかる

・ガソリンがなくなると走れなくなる

 

アシスト付き自転車はバッテリー、バイクはガソリンを気にしながら走りますが、

アシスト付き自転車の場合はバッテリーが切れたときに漕いで移動できますし、ガソリンスタンドよりはコンセントがある場所の方が圧倒的に多いですし、折りたためば電車やバス、タクシーに乗れますし、折りたたみ電動アシスト付き自転車のほうが多くのメリットがあるように私は思います。

 

まぁバイクは漕がなくていいのが一番の魅力ですが(^^:)

 

 

ちなみに折りたたみ電動アシスト付き自転車以外にも折りたたみ電動バイクというのもあるそうなのでそちらもまたの機会に紹介できたらなと思います!

 

 

広告