しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

好きな仕事より向いてる仕事をしたほうがいい?

f:id:shokuneko:20181106134455p:plain

 

ども、寒暖差でやられてるしょくのこ(@shokuneko)です、まだ風邪ひいてます(^_^;)

 

最近お仕事についての話しを聞く機会が多く、みなさんいろいろ悩みながら働いてるんだなって感じることがあります。

 

 

1年目だけど転職しようか悩んでるとか、残業ばかりで大変だけど残業なくなると生活できないとか、仕事が続かないとか、、、

 

そんな中、好きな仕事だけど働いてるうちに好きじゃなくなったという方がちらほらいました。

 

気になったのは自分の好きな仕事をしたくてその道に進むことができたのに、全くうまくいかない日々を過ごしているということです。

 

そこで、たまたまキャリアアドバイザーさんと話す機会があったのでこの問題についてお伺いしてみました。

 

好きなことを仕事にできたのは素晴らしいけど、仕事の中だと自分の゛好き゛を制限しなければいけないことがたくさんあります。その制限された範囲が自分の一番楽しめる好きを失くさせてしまっているのでそのギャップに悩んでる人が多いですね

 

開口一番こんな回答がかえってきました。

続けて「今就いてる仕事の中で自分の゛好き゛が最大限発揮できるのならギャップに悩まなくてすむんですけどね(^^)

 

これを聞いたときに確かにそうだなと感じました。

 

例えば、趣味で料理を作るのが好きな人

いざ仕事になるとその職場にはルールがあって、さらに食品を扱うので衛生法による厳しい制限がかけられます。

 

そんなの当たり前かもしれませんが、自分が好きなようにできる料理が好きなだけで、制限がかけられた途端に好きでなくなってしまうという方もいます。それに気づかないとまた自分の好きな仕事に転職して失敗してしまうのだと思います。

 

一方、向いてる仕事というのは全く別の話しで、仕事の範囲の中で自分に合った行動が取れるのが向いてる仕事だと思います。

 

例えば、仕事の指示書があって一日の仕事を自分のスペースで進めていくのが合うとか、1人仕事だと不安だからチームワークになって働くのが合うとか、職種を問わず働き方が合っている場合は長く続く可能性が高いです。

 

そして、好きな仕事で働き方が合っているのが転職になると私は思います。

 

それを見つけるのはとても大変なことだと思いますが^_^;

 

好きなことは無理矢理仕事にしなくて趣味の範囲に留めておくのもいいですし、転職にするために動くのもどちらもいいことだと思います。

 

仕事で悩んでる方は、好き、と、向いてる、をじっくり考えて今後の働き方について考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

広告