しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

私が実践した天職の見つけ方

 

ども、最近車中泊に挑戦中のしょくのこ(@shokuneko)です!

 

今回は働く人の永遠の課題、天職の見つけ方について紹介していきます。

 

もしよろしければこちらからご覧ください!

shokuneko.hatenablog.com

 

天職とは?

その人の天性に最も合った職業、と出てきますが私は、天職とは主に2つの種類に分けられると思っています。

 

①生まれついての向いてる仕事

才能があってなおかつ、小さな頃からその才能にふれてきた人がする仕事、これが一般的に思われている天職だと思います。

 

例えば

ヴァイオリニスト

極端な話しですが、ヴァイオリニストの家に生まれ、小さな頃からヴァイオリンに触れ、才能を開花させ、そのまま仕事にして生活費を稼いでいける人

こんな感じではないでしょうか?

 

 

 

②自分の強みに気付いてそれを活かした仕事

 

 

①の天職に比べたらこちらは大多数の人が見つけることのできる仕事だと思います。

 

しかし、その大多数の方がとにかく就職しなければいけない、将来が不安だから大企業で働きたい、周りの目を気にしてしたい仕事をしなかったなど、環境が原因で腑に落ちないまま働いています。

 

そこで本来したい仕事や向いてる仕事とずれて、そのギャップが積み重なると「何か違う」と感じ始め、仕事を辞めたい思うようになるのだ思います。

 

そんな気持ちで悩んでいる人にこそ実践してほしいことがあります!

 

それは3つの自己分析です。

 

1つ目

この仕事合わないな、や、毎日毎日仕事を辞めたい、と思ってる人はその理由を書き出してみましょう!

 

※このときその仕事の好きなところも書き出しておきましょう!

 

2つ目

その仕事において、好き、嫌い、苦手、苦手だけど嫌いではない部分(人間関係、給料、仕事内容など)

これを✚のマトリックスに当てはめてみましょう!

マトリックスとは?

このページの中程にあります。

 

グラフを作成して自己分析をします。

 

3つ目

ハローワークにある職業適正診断を行う

 

ハローワークに登録しないと使えませんが無料でかなり細かく仕事の適正を調べることができるのでおすすめです。


f:id:shokuneko:20181023190127j:image

これはその人が得意とすることについて


f:id:shokuneko:20181023190142j:image

性格と傾向について複数の診断が行なえます。

私の場合はストレス耐性が低めなので仕事内容より職場環境に左右されやすい傾向にあります(実際に過去経験した仕事では顕著に現れてました。指示がコロコロ変わる現場が苦手だったり、礼儀作法にとても厳しいところでの仕事などでは思うように働けず毎日大変な日々を過ごしていました)


f:id:shokuneko:20181023190149j:image

これらの紙を含めて合計10枚くらいの紙で性格や向いてる職場についての自己分析ができます。

ちなみに紙の下には見方と解説が書いてあるので読みやすいです。

 

3つの自己分析が終わったら、最後に総合的に見比べて自己分析をします。

 

まず1つ目で今働いている職場の辞めたい理由をピックアップし、次に2つ目の自分が感じている職場での傾向を

 

そうすると天職、もしくは向いてる仕事の方向性が見えてくる可能性が高いです。

 

私もこれをやってから意外な発見がありました!

 

 

例えば好きだと思い込んでいた仕事

 

私はもともと話すのが好きで、自分では接客が向いてると思っていたのですが、診断では接客は一番不向きという結果でした。

 

そんなわけ無いと思いながら大きな旅館の接客のアルバイトに就いたのですが、実際に働いてみると診断通りで3ヶ月も続けることができませんでした。

 

特に苦労したこと

1 大きな旅館なので覚えることがたくさんある

・・・私は頭の中のキャパ容量が決まっているみたいでそれ以上詰め込むと始めに詰め込んだ仕事を忘れがちになります。なので何度も同じことで注意を受けたり、怒られたりするようになりました。

 

2 婚礼や法要などかしこまった行事だと作法を意識しすぎて仕事が遅くなる

・・・失礼がないように気を遣いすぎて身体がガチガチになって動かなくなってしまう。

 

さらに臨機応変な対応が苦手だった私は大きな旅館での仕事はもっとも弱点が突出してしまう状況が揃ってしまいとても苦労しました。

 

 

逆に小さな民宿で働いてたときは覚えることが少なく、アットホームでゆるめな雰囲気だったので苦手な接客の部分が突出せず楽しく働くことができました!

 

このように例え診断で苦手と出ても、職場の環境が自分に合っていると本来苦手な部分を補って有意義に働くことができるのだと思います(^^)

 

みなさんも自己分析をして自分に合う仕事をさがしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

広告