しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

移住におすすめ!新潟県上越市を散策!

 

f:id:shokuneko:20181126081003j:plain

 

ども、ゆるく空回りな日々を過ごしているしょくのこ(@shokuneko)です。

 

 

今回の記事は

 

゛田舎に移住したいけど仕事があるか不安゛

 

゛田舎に移住したいけど時々都会にも遊びに行きたい゛

 

゛バーベキュー、野菜づくり、釣り、海と山などの自然を満喫しながら暮らしたい゛

 

という方向けの内容となっています!

 

 

 

 

★移住ブーム

 

昨今、田舎へ移住する方が増えているとても増えているのはご存じでしょうか?

 

2018年現在、ある会社がおこなったアンケートでは都会に住む20、30代若者の約60%が将来的には田舎へ移住したいと考えているという結果になったそうです。

 

 

また、60代ぐらいの定年退職された方々で移住する方も増えており、都会から地方へという動きが老若男女問わず広がっています。

 

★新潟県上越市の環境

 

近年移住者が増え始めている田舎の1つ、新潟県上越市。

 

北陸新幹線「上越妙高駅」ができたことにより新幹線で東京から約2時間で訪れることができます。

 

人口は約20万人、市の中心には関川と呼ばれる大きな川が流れていて、町の周囲は広大な越後平野と妙高山をはじめとするなだらかで大きな山々に囲まれています。

 

高速道路の北陸自動車道が通っており、ここから長野方面に向かう上信越自動車道は交通の要になっています。

 

夏は蒸し暑く、全国的に見ても気温が高め。

冬は市街地で平野が広い割にはたくさんの雪が降ります(4WDの車は必須)

 

 

1.買い物と娯楽

市街地には大きな家電量販店、ドンキ、衣料品店、スーパー、様々なファストフードのチェーン店などがあり、買い物に困ることはありません!

 

道の駅など、新鮮な地元の野菜が買える施設があるのも田舎ならではです(^^)

 

さらに、漫画喫茶やダーツ、ビリヤード、ボーリング場、BMX、ボルダリング、猫カフェ、水族館、数多くの天然温泉などの娯楽施設がたくさんあります。

 

ちなみにBMXは大きな大会の会場としても使われる立派な競技場もあります!

 

※BMXとは?

バイシクルモトクロスのことで自転車競技の1つになります。

ざっくり簡単に言うとアップダウンの激しいコースを走って順位を競う競技です。

 

2.上越市の自然環境

市街地の外は広大な上越の平野が広がっており、夏はまぶしいくらいの緑色、秋は黄金に色づく稲穂で一面が覆われます、越後の山々もとても雄大です(^^)

 

f:id:shokuneko:20181126082341j:plain

 

f:id:shokuneko:20181126085146j:plain

 

f:id:shokuneko:20181130120226j:plain



冬は一面銀世界になります。

 

 

上越市は海も近いので釣りやサーフィンなど、マリンレジャーを楽しむことができます。

 

日本海のいい波を求めて訪れるサーファーはけっこう多いです。

 

また、船に乗って沖に出て釣りを楽しむこともできるので、釣り人たちにとっても利用しやすい環境が整っています。

 

あと単純にドライブするのも楽しいです!

f:id:shokuneko:20181126085446j:plain

国道8号線の写真です。

晴れていれば美しい夕日を望むことができます。

f:id:shokuneko:20181126085548j:plain

 

 

3.上越市の移住のあれこれ

 

1.賃貸物件、売買物件

これまでざっと上越市の環境について紹介してきましたが、この自然あふれる上越市、家賃などの物価も安いんですよね!

 

・賃貸

 

1K20平米の賃貸アパートであれば、良い時で家賃が2万~の物件があります。

大学がいくつかあり、学生さん向けのアパートがたくさんあるので安い賃貸が多い

のが理由だそうです。

 

1戸建ての賃貸の場合であれば3LDKで5万~ぐらいの物件があります。

 

・売買

 

上越市の移住物件には2通りあり、市が管轄する移住物件、一般の会社が管轄する移住物件があります。

 

1.市が管轄する物件「空き家バンク」

 

上越市には市が運営する「空き家バンク制度」というものがあります。

「空き家バンク」のHPには上越市の各地区にどのような空き家が売られているか、地区の概要など詳しい情報が載っています。

2018年現在では物件の量が少なめですが徐々に増えつつあるそうです。

下記HPをご覧ください。

www.city.joetsu.niigata.jp

 

2.一般の会社が管轄する物件

こちらは「田舎暮らし情報館」という全国の売買物件を紹介しているサイトの上越地域を見ていただければ多くの物件を目にすることができます。

 

www.inakakurashi.jp

 

こちらは市の「空き家バンク」に比べて物件の種類が多く、価格も低めな物件が多いです。

 

一戸建ての古民家物件が200万~くらいからあったりします(@-@!)

 

立地や住環境、物件の内装写真が多数掲載されていたり、細かいところまで物件について知ることができるのでおすすめです!

 

古民家物件を見るのが好きな私はよく愛用しているサイトです(笑)

(愛用と言ってもただ眺めるだけですが(^^:))

 

2.仕事

上越市は新潟県の中で三大都市の1つであり、近年広大な土地を生かした大きな部品製造工場や加工工場などができ始め、産業が盛り上がりつつあります。

 

2018年末には全世界で使われているような電子部品を製造する会社の大きな工場も完成し、ますます産業の活性化が進んでいます。

 

求人だけで見ると2000件と少ないように感じるかもしれませんが、新しいお店や工場もでき始めているので、移住の際に職に困ることは少なそうです。

 

月給は15万~からと少な目に感じる方がいるかもしれませんが、工場関係の仕事月給20万以上の仕事もあります。

 

 

もちろん農業をしたい方にもおすすめな都市です!

 

上越市は「新規就農者等定住転入促進事業」という取り組みに励んでおり、市から様々な補助を受けることができます。

 

例えば

 

月の家賃(共益費除く)の2分の1以内(補助上限額2万円/月、最大12か月)補助

 

中古を含む農業機械の購入補助(最大50万まで)

 

空き家リフォーム補助(最大60万円+α)

 

などがあります。

 

 

いきなり就農するのは不安という方には2泊3日の就農お試し体験もできます。

体験先や時期によって変わりますが、主に水稲(米作り)園芸(トマト・なすなど)

果樹などがあります。

 

さらにこの体験中の宿泊費やレンタカー利用などにも補助が出るのでまずはお試しにという方にはぴったりだと思います。

 

もっと詳しく知りたい方は下記のホームページをご覧ください!

新規就農者等定住転入促進事業 - 上越市ホームページ

 

 

よく考えて自分のペースにあった仕事を探してみてください。

田舎では自分のライフスタイルとワークスタイルのバランスが取れればとても快適に過ごすことができます。

 

3.移住実例

私の知り合いで東京から移住してきた夫婦がいます。

旦那さんは東京ではシステムエンジニアとして毎日パソコンと向き合って仕事をしており、奥さんはデザイナーの仕事をしていたそうで、共働きな日々の生活がとても大変だったとのことです。

 

2人はある時から「もっとゆったり暮らしたい」と思うようになり、子供が高校を卒業すると同時に移住してきたそうです。

 

移住の条件は

゛東京からそこまで遠くない゛

゛自然に囲まれた暮らし゛

゛野菜作りをしたい゛

゛釣りがしたい゛

条件に合って自分にもあったのが新潟県の上越市だったみたいです。

 

移住した物件は2LDKの平屋物件、周りが少し林に囲まれていますが抜けた先には大きな平野を望むことができるそうで、毎朝散歩したくなるとのこと(^^)

 

旦那さんは移住をきっかけにシステムエンジニアを辞め、農業の仕事に就きました。「以前はパソコンばかり向き合ってあっという間に時間が過ぎていたけど、ここは時間がゆっくり流れていていい」と言っていたのが印象的です。

 

奥さんは移住してからも在宅でデザイナーの仕事を続けているのですが「ごはんがとにかく美味しい、お米だけでも美味しいってこと始めて感じた」といきいきとした顔で言ってました(笑)

 

また、夫婦ともに休日は野菜作りや釣りなどを楽しんでおり、最近は庭造りも始めたそうで大いに自然を満喫しています。私がうらやましくなっちゃうくらいです(笑)

 

f:id:shokuneko:20181126101300j:plain

 

家からこんな景色が見れたら最高ですよね?

 

さらに以前は全くしなかったバーベキューにもはまって年中やっているそうです。

取れたての新鮮な魚や野菜でバーベキューってめちゃくちゃ羨ましいです(*^^*)

 

広大な美しい景色見ながらバーベキューしてお酒飲んで、田舎満喫してますね(笑)

こういうのができるのが田舎の醍醐味ですよね。

 

4.移住の際に気を付けること

車の運転

上越市は広大な自然に囲まれているのでどうしても車が必要になります。

映画館などのレジャー施設はたくさんありますが1つ1つの距離がどうしても離れているので車移動になってしまいます。冬は平地としては雪が多く降るので運転の慣れも必要です。

 

でもスーパーなどにアクセスする生活道路道は広く作られているので車が苦手な人でも運転しやすいと思います。

 

また田んぼの真ん中を走れる道路や日本海のきれいな海沿いを走れる道路もあります。

運転に慣れてくればドライブに行きたいと思わせてくれるようなスポットもたくさんあります。

 

地域の人とのコミュニケーション

 

都会と比べると田舎の人は他からやってくる人がどうしても気になったりします。

お互いにおっかなびっくりしてるとコミュニケーションもうまく取れないので移住した際は自分から歩み寄っていくように心がけましょう。

 

「この人は安心」と心を開いてくれるようになるといろいろと世話を焼いてくれたりする人が多いです(田舎の人は基本世話焼きの人が多いのですが、新しくやってきた方に対してはどのように接したらいいかわからず探ったりしながらコミュニケーションを取る方も多く、なるべく自分から歩み寄っていくことが良い関係を気づくコツです!)

 

★まとめ

東京から2時間で来れる海、川、山、広大な平野に囲まれた上越市にはたくさんの魅力が詰まっています。市街地は買い物に困らないほどお店が充実していますし、一歩市街地に出れば雄大な自然が目の前に広がります。

 

自然だけでなく産業の活性化も進んでおり、まさにこれから盛り上がる田舎と言えるでしょう(^^)

 

移住に最適な空き家や古民家物件も複数あり、移住先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

よかったらこちらもご覧ください!

 

www.shokunoko.com

 

広告