しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

本「シングルマザー、家を買う」を読んでみて…

ども、図書館に行くと外の景色が見えるテーブルで本をじっくり読むのが好きなしょくのこです!

 

 

今日は紹介したい本があります!

 

いきなり大文字の派手な色使いでびっくりした人もいるかもしれませんが(笑)

 

それはこちらの本です!

f:id:shokuneko:20190606161702j:plain

 

「シングルマザー、家を買う」

 

読み始めから最後まで一気に読んで「気持ちいい!」って感じた本は久しぶりで、思わずブログに書きたくなりました!(*'▽')

 

 

僕は声を大にして言いたい

 

この本は若い、特に男性に読んでいただきい!

 

 

シングルマザーのリアルを知り、悩みながらも、笑って泣ける、時には真剣に考えさせられるという緩急が本の要所要所に出てきて、女性の抱える悩みについて考えることが出来ると思います(*'ω'*)

 

 

本の言葉は、長い一文というよりかは、短くてわかりやすい言葉で、イラストやユーモアもありました。

僕はこの手の話しの本でいつも頭が痛くなって、途中で読まなくなってしまうのですがとにかく読みやすかったです(笑)

 

本が苦手な男性も大丈夫だと思います!

 

 

本を読んで一番印象に残ったことは、本に出てくる筆者の娘さん(当時4歳)が風男塾が大好きだったということです(笑)

 

 

 「え?、シングルマザーも家のことも印象に残ってないんかーい?(;´Д`)」

 

って思ってる人もいるかもしれませんが、そんなことありませんよ(笑)

 

 

むしろ、エピソードトークが濃すぎて、微笑ましい日常のほうが印象に残ってしまったって感じです(笑)

 

 

★本の内容

 

ーフリーライターをしていた筆者が離婚を気にたくましく生き、理想のマイホームを手に入れるまでの軌跡を描いたノンフィクションー

 

 

それまでに出会うラガーマン風な不動産の営業マンやリフォームの為に一肌脱いでくれるかっこいいおじさんたち、過酷な環境でもパワフルに働くシングルマザーの方々、とにかく登場人物とのエピソードが濃い(笑)

 

 

さまざまなハンデや社会のデリカシーのなさなどを乗り越え、たくましく生きていく姿に自信がもらえましたし、シングルマザーで苦労されている方をリアルな観点で知ることが出来たのも良かったです(*'ω'*)

 

 

また、子育てや成長する子供に対して悩みや不安について面白おかしく書かれていたり、保育園などで小さい子供ながらに独特な世界があるんだなということも知れました(笑)

 

 

とにかくページをめくる手を止められず一気に読み切りました(*´ω`*)

 

 

あとがきの一番最後に「育児に疲れ果てたママさんやシングルマザーたちの肩の力が抜けてくれたらうれしい」と書いてありましたが

 

 

僕はまたあえて言います

 

ー若い男性よ、今すぐこの本を読んで、そして悩みを知って、責任感を持ってー

 

 

広告