しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

HSPの私が自然の中で住み込みで働いてみることにした 11日目

ども、高原の爽やかな風とは程遠い、寒気の風に当たりながら農作業をしているしょくのこです!

 

 

本日は農家兼牧場での住み込みアルバイト12日目です!

 

 

今日は1日いい天気だったのですが、風がとても冷たく、最低気温は10℃でした(¯―¯٥)

 

 

作業内容はりんごの摘果です!

 

 

日光に当たっていると暖かいのですが、りんごの木の下の影に入ると風がとても冷たくて、寒暖差が激しい中での作業でした(^_^;)

 

 

りんごの摘果はもう慣れたもので最初の日に比べてだいぶ作業スピードがあがりました(^^)

 

とにかく黙々とハサミで枝を切るだけなのですが、集中しても意外と疲れなくて、毎日心地よい疲れでいられます。

接客仕事じゃそうはいかないですからね^^;

 

 

hspの人って人に対しての疲れが抜けにくいと思うんですよね、だから人とあまり接しない仕事は合っているというか…

 

 

住み込みのアルバイトも12日目ですが、今のところ精神的な疲労は全くなく、新しく入った他のアルバイトの方もいい人で仕事が楽しいとも思えるようになりました(*´∀`)

 

 

仕事を楽しいって感じて、精神的な疲労も全くないのは何年ぶりだろうか(笑)

 

 

重労働だけどやっぱり農業合ってるのかな、そう思う今日このころです(・∀・)

 

 

hspの人にとって疲れは天敵ですが、その天敵の疲れは人に対して感じる疲れであって

 

 

黙々と自然と向き合う肉体的な疲れはhspの天敵にはならないような気がするんですよね

 

 

hspである私が大自然に住み込んで仕事をこなすとどうなるか、実験的に日々を過ごしていますが、おそらく当たりというか心穏やかにいられています( ´∀`)

 

 

このブログをhspの人が読んで、少しでも役にたったらいいな…

広告