しょくのこのゆるく空回りな暮らし

HSS型HSPの管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

「HSS/HSP」HSS型HSPが人見知りをしないのは気遣いがすごいから

f:id:shokuneko:20190820171147j:plain



今回はHSS型HSP気質を持つ私が経験したことをいくつかまとめてみました!

 

 

おそらくHSS型HSP気質を持つ方は共感できる話しだと思っているのですが、あくまでも個人的な経験ばかりなので、もしよろしければ読み終わった後にコメントなどをくださるとありがたいです(*´ω`*)

 

 

⇩の動画でも話しているのでよかったらご覧ください!


【HSS/HSP】HSS型HSPが旅行で困ったこと①


【HSS/HSP】HSS型HSPが困ったこと②


【HSS/HSP】HSS型HSPの解説とおすすめの対処法!


【HSS/HSP】HSS型HSP気質を持つの私が癒されること①


【HSS/HSP】HSS型HSPが困ったこと③

 

 

⇩ブログの他の記事でもいろいろ紹介しています

 

www.shokunoko.com

www.shokunoko.com

www.shokunoko.com

 

 

では紹介していきます!

 

 

◆二段構えの人見知り

f:id:shokuneko:20191129105536p:plain

HSS型HSPの人って、初対面の人に人見知りってしなくありませんか?

 

 

むしろぐいぐい行くような気がしているんですよね(^^;

 

 

でも積極的に絡んでいって自分の話しをするわりには、自分の奥底にある2段階目の心の扉だけは絶対に開けない気がするんですよね

 

 

それは気を遣い過ぎて「本当の自分を出すことで相手に負担をかけるかもしれない」もしくは「本当の自分を出して嫌われるのが怖すぎる」という理由だと思っています。ちなみに私はどちらも自覚しています(^^;

 

 

相手と接するときの頭の中の考えとしては「相手が人見知りかもしれないから積極的に自分から絡んでいった方がいいな」という配慮の気持ちだったり「あの人はどういう人なんだろう」というた単純な自分の興味が抑えきれなかったりとかだと思っています

 

 

どっちにしろ進んで接する行動をとってしまうと思うんですよね、゛しまう゛という言い方をしたのはその行動を「無理してしまうときもある」からなんですよね

 

 

みなさんもありませんか?自分がどんなに疲れているときでも空気を無理やり読んだり、相手優先に考えて行動してしまうってこと

 

 

よく言えば「どんなときでも相手のことを考えられる」

 

 

悪く言えば「どんなときでも自分の気持ちを抑えてしまう」

 

 

f:id:shokuneko:20190820171502p:plain

 

前者は普段の日常で当たり前のように考えているので無意識にストレスとなって、HSS型HSPの当人の疲労を蓄積させてしまっていると考えられますし

 

 

HSS型HSPの人って「誰かの為に行動しよう」という考えが基準になっていると思っていて、悩みもすべてそれに尽きると感じています

 

 

例えば就職を例に挙げると「自分がどんな仕事に就きたいか?」という自分目線よりも「どの仕事に就けばみんなの役に立てるのか?」という他者目線が基本となってしまっているのではないかと

 

 

ただその「誰かの為に行動しよう」というアンテナを維持するのに自分の体力の半分ぐらいを常に使っているのではないかと個人的には思っています

 

 

なので限界値が一般的な人の50%ぐらいしかなく、アンテナで信号をキャッチして行動するときには残りの体力は50%しかない、だからなにかやってもすぐ疲れてしまうと思っています

 

 

ここまで自分なりの考察でHSS型HSPの状態を説明してきたのですが、じゃあこれに対してどのような行動を取れば常に100%の良い状態でいられるか考えた結果思ったのが…

 

 

「自分が自分に語りかけてくる声にしっかりと耳を傾ける」

 

 

それしかないと思っています。

難しい言い回しかもしれませんが、簡単な例を言うと

 

 

激しい運動した後って筋肉痛になりますよね?

そのときって「筋肉痛だし、体を休めよう」もしくは「筋肉痛だし、軽めの運動にしよう」と自分の体の声に耳を傾けて体をコントロールしますよね?

それと同じようなことです!

 

 

ー大事なのは誰がどう感じるかではなく、自分がどう感じるかー

 

 

「今疲れているな」と思ったら「人の頼み事は聞かない」とか、そういう小さな声から耳を傾けて意識していくしかないと思います

 

 

おそらく何十年と積み上げてきたHSS型HSP気質をそう簡単に自分でコントロールしていくのは難しいです

 

 

だからHSS型HSP気質を自覚している方は、この記事を読み終わった瞬間から自分の声にしっかりと耳を傾けてください、きっと今よりもずっと生きやすくなると思います

 

 

ご拝読ありがとうございました

 

 

 

私が強烈に影響を受けた本を⇩に紹介しておきます

 

 
 

 

 

⇩私が疲れたときに自宅で使っているグッズとかも載せておきます

 

 

広告