しょくのこのゆるく空回りな暮らし

HSS型HSPの管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

【HSS/HSP】HSS型HSPの母子関係に思うこと

f:id:shokuneko:20191126191743p:plain

 

今回はHSS型HSP気質を持つ私が感じる家族関係について話していこうと思います。

 

 

他の記事でもHSS型HSP気質について話しているので気になったら読んでみてください!

 

www.shokunoko.com

www.shokunoko.com

www.shokunoko.com

 

 

◆母親に強烈に感情移入しやすい

 

 

まず、理解しておいてもらいたのですが、子は父親より母親にいろいろなことを話すと言われています。

 

 

子供は幼少期から社会に出るまで、父親の苦労している姿より、家事などで苦労している母親の姿を見る機会が多いですよね?

 

 

ここでまずHSP気質による共感力を発揮し「母親に応える良い子になろう」という意思が無意識に働く子が多いのではないかと私は思っています。

 

 

私の場合は苦労している母親に共感して、HSS気質の行動も相まって、家事を進んで手伝ったり、母親が困ることをしないように、と生き方の軸を立てていってしまいました。

 

 

でもそれってどうなると思います?

 

 

自分の生き方における考えが母親中心になってしまうんですよね…

 

幼いうちに無意識的に!

 

 

これに気づけないでいると、反抗期が無かったり、大人になっても母親に依存してしまったりして、最終的に共依存になってお互いに潰れてしまうのではないかと思っています。

 

 

 

母親にとっては「自分の言うことを聞いてくれるなんてかわいい子供!」という考えから巣立たせる気持ちになれなくなるとも思います。

 

 

しかもその母親の考えは年齢とともに変わることはないと私は断言します!

 

 

母親は幼いころから自分に対していろいろ尽くしてくれる子供に対して、いくつになっても「自分の子供はなんでも話してくれるし、なんでもしてくれる良い子」と思っていて、でもその目線は子供が20歳だろうが40歳だろうが「なんでも頼ってくれる小学1年生のような可愛い子供」みたいにしか見れない人が多いと思います。

 

 

実際の問題を見ずにある意味、子供に対してフィルターをかけて都合よく見ているとしか…

 

 

ただHSS型HSP気質を持つ子供はそんな母親の気持ちと裏腹に「母親にはこうして接していたほうがいい」と気を遣っているんです。それでストレスも抱えてしまっているんです。

 

 

幼いころから母親に対しての共感力は大人になってもそう簡単に消える訳はなく、大人になっても共依存的になってしまう母子関係も多いのではないかと私は思います。

 

 

この記事を読んでいる皆さんはどうですか?

 

 

母親に対しては自分の考えで接するというより、自分を確立する場所を自分以外のところに求めて、打算的、事務的に接していませんか?

 

 

苦労している母親に対して何かしてあげたいとは思いつつ、自分の考えで生きていないなと感じることはありませんか?

 

 

でもHSS型HSP気質は認めてくれる人に忠誠みたいのを誓う癖もあったりして、気づかぬうちに自分に多くのストレスを抱えていってしまっているはずです!

 

 

自分の価値を見出せる場所は自分自身の中だけです、それを忘れないでください

 

 

◆母親に依存的に話してしまうHSS型HSP

f:id:shokuneko:20191115204137p:plain

HSS型HSP気質の人って本当のところおしゃべり好きだと私は思っていて、小さい頃はなんでも肯定してくれていた母親に対して、大人になっても依存的になんでも話してしまうのではないかと感じています。

 

 

それがもし過干渉の母だった場合、母の過干渉に耐えかねてストレスをかかえて反抗したいと思う割には、依存的に話しかけてしまう、心と行動の矛盾が生じてしまいストレスをより積み重ねてしまうと思います。

 

 

私の場合はそうだったのですが、母親の過干渉に嫌気がさしていたのですが、話しをぶつける相手は自然と母親になっていて煙たがっているのに母になんでも話してしまう自分が嫌になったりもしました。

 

 

もちろん「聞いてくれる母親がいるだけでもましでしょ?」と思われる方もいるかもしれません。

 

 

でも問題はそこじゃなくて【HSS型HSP気質における心と行動の矛盾で起きるストレス】です。

 

 

話したくない相手なのになんでも話してしまう、それで自己嫌悪に陥り、でもまた話したくないのに全部話してしまったり、負のスパイラルですよね…

 

 

今はそれに気づけるようになったので母とは適度な距離感を保つように意識しています。

 

 

でもまだまだHSSがコントロールできなくて話したりすることもありますが、昔より話した後に疲れることが少なくなりました。

 

 

今回は私がHSS型HSPの母子関係に思うことについて話させていただきました。

ご拝読ありがとうございました。

 

⇩私が疲れたときに使っているグッズとかも載せておきます。

 

 

広告