しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

パニック障害について

f:id:shokuneko:20190408122644j:plain


 

ども、しょくのこです。

 

 

今回は私がパニック障害を発症したときのことについて紹介します。

 

 

最近、芸能人の方でもパニック障害を発症している方が多いので書いてみようと思いました。

 

◆パニック障害が起きるまでの経歴や過程

 

まず私の経歴を簡単に紹介すると

 

 

田舎の高校を卒業し、政令指定都市ほどの田舎な都会にある専門学校へ進学し、専門学校を卒業してから東京の新宿でプログラマーとして就職しました。

 

 

最初に自分の体に異変が起きたのは高校3年のときでした。

 

 

理由は東日本大震災

 

f:id:shokuneko:20190408110106j:plain

 

私の住んでいるところは震源地からかなり離れた場所にあったので、あまり揺れなかったのですが、震災の様子をニュースで毎日見るようになってから違和感を感じるようになりました。

 

 

少しわかりづらい感覚で、心的ショックとは違うような感覚ですが

 

 

なぜか、常に夏休みの終わりの夕日を眺めてるような感覚になったんですよね。

 

 

「悲しい、寂しい、淋しい」ような感覚というか、すごいショックで心が動揺するというよりは、心の奥底の琴線を握られたような感覚と言うか…

 

 

就職して東京で一人暮らしを始めてからも生活に支障をきたすほどの違和感というわけではなかったのですが「なんとなく悲しいな」ぐらいの感覚は常に持っていました。

 

 

そんな違和感を持ちながらも深くは考えていなく

 

毎日の通勤の満員電車が辛かったり 

 

新人研修で時間に追われて忙しかったり

 

同期の新入社員より仕事が出来なくて焦ったり

 

みんなは知っていて自分だけが分からないことがたくさんあったり

 

とにかく社会の波と自分の無知というやつに揉まれたり、打ちひしがれて、そんな違和感もだんだん感じなくなっていました。

 

f:id:shokuneko:20190408115815j:plain

 

しかし、新人研修のお疲れ様会で同期と飲みに行き、乾杯したときに急に忘れていた違和感がフラッシュバックし

 

 

感情がコップと言うよりはワイン樽のコルクが抜かれるように、根底から徐々に抜けていくのを感じました。

 

 

その瞬間、吐き気と動悸が襲ってトイレに駆け込み、号泣が10分ぐらい止まらなくなり、胃液がなくなるくらいずっと吐いていました。

 

 

(今でもその時の居酒屋のトイレの雰囲気も強烈に覚えています。室内は天井が低い作りで腰を少し曲げないと入れなかったり、ツタや観葉植物が洗面台においてあって、洗面台はきれいだけど蛇口が汚かったり)

 

 

本当に突然だったのですが、体調不良とか風邪ひいたのかなって疑うんじゃなくて確実に

 

 

「あ、自分の中で何かが変わった」って気がしたんですよね。

 

 

あと、都会で働くのも、人と触れ合わないでパソコンと向かって仕事をすることがおかしいと感じるようになってしまったんですよね…

 

◆病院で検査

 

飲み会の次の日の朝、お酒も飲んでないのに目の前や足元がふらついていて、とても怖くなり、すぐ大きな病院に行って検査をしました。

 

 

結果は「全く異常なしで健康体」と言われ、それからパニック発作とドクターショッピングを繰り返す日々が始まりました。

 

 

◆私のパニック障害

f:id:shokuneko:20190119233231j:plain

 

最初のころの症状は、歩く度にエレベーターがストンと落ちる感覚がありました。

コンクリートを歩いていても地面が沈むので不思議で気持ち悪い違和感でした、これは7年経った今でも疲れたときに起こります。

 

 

次に不眠症になって、寝る瞬間に意識が飛ぶ感覚がして、それが怖くて起きるという毎日を繰り返してました。睡眠時間は毎日30分くらいだっと思います。

 

 

次に満員電車でめまいと動悸の発作が起きるようになりました、手すりを思い切り握りしめて、手が真っ赤になっていたのを今でも覚えています。

 

 

他の症状もざっと紹介していきます(今では発症前の8割ほどに回復してます)

 

人込みにいるとめまい

手足のしびれ

後頭部とこめかみと目の圧迫感

のどの渇き

唾を何度も飲み込んで頭痛がする

胸とお腹が冷たくなる

 

 

さらにここにHSPの特性なのか、イライラしてる人がいたり、口喧嘩を聞いたりすると体調が悪くなったり、事故や事件、災害のニュースを見ると気分がとても落ち込む

 

みたいなものもありました。まぁとにかく大変でした。

 

HSPについての記事はこちら↓

 

www.shokunoko.com

 

 

まとまりのない文章ですが、自分の記録としてこれから、ときどきパニック障害について書いていこうと思います。

 

◆私のリラックス方法

パニック障害を発症した人は疲れやすくなると聞き、なるべくリラックスできるように↓に紹介するようなものを使ったりしてます。

広告