しょくのこのゆるく空回りな暮らし

感受性高めな管理人がゆるい日常の様子をお届けするブログです、ときどき熱血のスイッチが入ります(笑)乗り物と旅行と料理が好きです。

パニック障害と寒暖の差

f:id:shokuneko:20190410185935j:plain

ども、しょくのこです。

  

今回も私がパニック障害を発症したときのことについて紹介します。(あくまでも個人的な体験談です)

 

 

読んでない方は先にこちらの記事をご覧ください。

www.shokunoko.com

 

 

◆寒暖の気温の変化で起こる症状

 

寒い日に家から出て車に乗って外出しようとするときに、首や後頭部が締め付けられるような感覚によくなるんですよね(;´・ω・)

 

 

それで不安感が生じて動悸やふらつきみたいな症状があらわれてきたり…

 

 

冬になって気づいたのですが、夏場はそんなことなかったです(^^;

 

 

私が思うに寒さによって体が硬直する感覚が

パニック発作によって体が思うように動かせなくなる感覚と似ていて、体が勘違いするからなんじゃないかなと思います。

f:id:shokuneko:20190410190716j:plain

 

逆も同じような感じで、寒い中移動して、暖かいお店に入ったら、血管が温められて急に血流が盛んになって、ぼーっとしてめまいを感じるようになりますし。

 

 

パニック障害持ちの人にとっては冬は特に気をつけなければいけないと思います。

パニック発作を起こすきっかけがそこら中にあるんですよね。

 

 

気温の変化による血管の収縮って不安感を煽る感じもありますし(^^;

 

 

いつもはパニック発作を起こして10分くらいで収まったら、あとの一日中は発作は起きないのですが、冬はパニック発作の出る回数が多いのも気になりました。

 

 

◆寒い環境でも自分が安心して過ごせる環境ならパニック発作は起きない

f:id:shokuneko:20190219211353j:plain

「やっぱりパニック障害だな」と感じるのは、いくら気温の寒暖差が激しくても、自宅にいると寒くてもそんな感じの症状は出ないんですよね。

 

 

例えば

こたつや暖房が付いていない冷え切った自分の部屋にいて、いきなり暖かい風呂に入ったとしても不安感は全くないですし

 

 

自分が安心して過ごせる環境っていうのがパニック発作を起こさないために必要だと改めて思いましたね。

 

 

顕著に表れるのは車を運転してるときですね。

自宅を離れれば離れるほど不安感が強くなって、パニック発作の前兆が出始めます。

f:id:shokuneko:20190213102253p:plain

f:id:shokuneko:20190213101521p:plain



ただ不思議なことに、電車やバスなどではパニック発作は起こしにくくなったんですよね。

昔は電車やバスがすごい苦手で、いつでも休める自分の車が楽だったのですが、冬場はなぜか公共機関の方が安心できます。(冬の道路は運転しにくくて無意識に緊張するからなのかな…)

 

 

まあ、とにかく寒さや寒暖差はパニック障害を持つ人にとってはやっかいなものだと思います。万全の温度管理が大変ですが、それが出来ればかなりパニック発作を抑えることもできると思います。

 

 

ネックウォーマーや腹巻、靴用カイロ、暖かいものを常に飲むなど、冬の寒さ対策を徹底したらパニック発作が起きにくくなりましたし。

 

 

パニック障害に悩んでる人は自分の感じる温度の管理をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

そんなことでと思うかもしれませんが、意外と効果あると思います。

 

 

ちなみに私が一番パニック発作を抑える効果を実感したのは暖かい飲み物を常に飲むことです(*'ω'*)

 

◆私のリラックス方法

パニック障害を発症した人は疲れやすくなると聞き、なるべくリラックスできるように↓に紹介するようなものを使ったりしてます。

広告